トップダウン ビジネス マインド(生き方)

徹底的に自分を管理する 〜「秒で決めろ!秒で動け!」を考察する〜

皆さんの生活の中で、無駄な時間はどれくらいありますか?

だらだら布団に潜り込んでしまったり、ついついyoutubeを見てしまったり。。と、僕もそんなことが多々あります。

そんな無駄な時間を過ごしてしまっている僕たちに、褐を入れてくれる本。

今回はyoutuberラファエル著「秒で決めろ!秒で動け」を考察していきましょう。

「秒で決めろ!秒で動け!」とは?

パーカーにお面姿の筋肉マッチョといえば、きっと若い方の誰しもがご存知。youtuberのラファエルさんです。

今や有名youtuberとして有名なラファエルさんには実は経営者としての顔もあります。

そんな社長でありながらyoutube主演でもあるラファエルさんは何故ここまで色々なことに手を出せるのか。

その秘密が書き下ろされているのが本書です。

ラファエルさんは本書の中で、秒で決め、行動することの重要性を説いています。

本書の中でも、ラファエルさんのスケジュールが公開されていますが、びっくりするほどに詰め詰めで驚きました。

そんなラファエルさんは何故そこまで頑張れるのか?という問いに対して、将来遊び、楽しむためだと答えています。

その為に今の自分を徹底的に管理して、無駄な時間を省いていこうというのが本書に書かれていることです。

 

感想/考察

時間は創り出すものである

視聴者にビジネスをオープンソース化するという考え

 

時間は創り出すものである

どれほど忙しくとも、読書の時間を創り出している。との記述が本書にはありました。

できる人はやはり時間を創り出すことが出来るだと再認識しました。

これは多くの本を読んできて思ったことなのですが、できない奴ほど時間がないという言葉を使います。(僕も使わないように心がけています)

時間がないのではなく、時間を創らないの間違いだということを認識していないのです。

僕は、労働者として働いている以上は、労働力の再生産コストと僕らの純利益を考えなければいけないと思っています。

(詳しくは、こちらをご覧ください。)

おすすめ
僕たちの給料の決まり方〜「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか」を考察する〜 

「仕事の環境が気に食わなければ転職すればいい。」 最近では、転職が当たり前になってきており、誰もが簡単に転職できる時代になりました。 転職エージェントも数多く存在し、僕らが取れる選択肢はかなり広がって ...

続きを見る

読書は自身の回復に係るコストを引き下げ、給料のベースの引き上げにも繋がるといえます。

ラファエルさんよりもきっと忙しくない僕らこそ、だらだらとしている暇があるのなら、自身の価値を高める行動を起こす必要があるのではと思うのです。

 

視聴者にビジネスをオープンソース化するという考え

ラファエルさんは企業案件をどのyoutuberよりも引っ張ってくることで有名です。

そして、紹介動画の際は、企業案件だと視聴者に明示して紹介をしています。

これは視聴者を騙したくないという営業職時代のプライドからきているようですが、とても共感でき、シンプルに嬉しいと感じました。

僕も当ブログで最も最初に作成したのはvisionという固定記事でした。

ブログを読んでくださる方がいる以上、何故僕はブログを運営しているのかを確りと伝えたかったし、何より読者を騙したくないという思いが強かったからです。

youtubeやblogが一定数のファンに支えられている以上は、真実を明示する必要があると思っています。

一方で、アフェリエイトの中には大した中身もない情報商材を高値で売っている方がいるのも事実だと思います。

誠実であることは、1人のyoutubeをみるファンとして、かっこいい考え方だと思いますし、理にかなっていると感じました。

 

どのように実践できるか

無駄な時間を排除する

ラファエルさんの生き方は究極なまでに無駄な時間を排除するというところにあります。

全てを真似することはできませんが、僕らも少しくらいは無駄な時間を排除することができると思います。

そのためにはまずどれほど時間を無駄にしているかの全量把握をする必要があります。

そのため、今後僕が実践するのは、ダラダラとしてしまう時間を計測することです。

つい朝起きてからはyoutubeを見てしまう時間があるので、まずは全量把握をする。

そして、1週間でどれほどの時間を無駄な時間に費やしてしまっているのかを自身でまとめ、究極0に近い状態まで持っていく。

このことを目標にしたいと思います。

 

読書、記事を書くのにどれくらいの時間がかかっているのかを把握する

ついつい記事を書く時もダラダラと書いてしまうことがあります。

その為、時間を計ることを今後徹底したいと思います。

そして、記事の最後にどれだけの時間がかかったのかを公表し、改善を目指したいと思います。

 

まとめ

本書を読むと、時間を大切に使うことの重要性に気がつきます。

既に終身雇用制度が壊れつつある今、大切なのは自身のスキルを上げることです。

その導入として、本書を読まれることは役に立つと思いますし、何より読んでて面白い!

おすすめです。

(1899字)1h54min30sec/当記事を書き上げるのにかかった時間

-トップダウン, ビジネス, マインド(生き方),

Copyright© はちの巣 , 2020 All Rights Reserved.