トップダウン ビジネス マインド(生き方)

僕たちの給料の決まり方〜「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか」を考察する〜 

「仕事の環境が気に食わなければ転職すればいい。」

最近では、転職が当たり前になってきており、誰もが簡単に転職できる時代になりました。

転職エージェントも数多く存在し、僕らが取れる選択肢はかなり広がってきていると言えます。

しかし、そもそも転職をするだけで僕らの根本的な不満は消え去るのでしょうか。

そんな根本的な問いに答えてくれるのが、「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」という小暮さんの著書です。

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」とは?

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」の著者小暮太一さんは、慶應大学出身で、富士フィルムやサイバーエージェントに所属。現在はマトマ出版を経営されている方です。

マルクス「資本論」とロバート・キヨサキ「金持ち父さん貧乏父さん」を読み、現在の会社員の働き方の問題点の根本に気づき、ご自身の会社員生活の経験も踏まえて「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」が作成されたようです。

本書では、主として僕たち会社員の給料の決まり方の仕組みがわかりやすく説明されています。

僕たちは、自分の会社が何を売っていて、どのようなシステムで物が売られているのかは知っているけれど、自分たちの給料がどのような仕組みで決まっているのかは知らないのではないか。というのが小暮さんの主張です。

この給料の決まり方を説明するために、「労働力の再生産コスト」をわかりやすく説明しています。

そして、「労働力の生産性コスト」による給料の決まり方を踏まえて、僕たちはこの本主義社会をで働く上で何を重視するべきなのか。

自分の市場「価値」を高めるためにはどうすればいいのか。まで踏み込んだ作品です。

経済学を今まで勉強したことにないド素人に対してもわかりやすいように本が書かれています。

多少複雑な部分は図も書かれているので、話がちんぷんかんぷんになることもなく、初心者の方でも楽しく読み進められる本だと思います。

 

「労働力の再生産コスト」とは?

マルクスが唱えた「労働力の再生産コスト」は僕たちサラリーマンの給料の根本概念ですので、簡単にまとめておきましょう。

僕たちの給料は、基本的には固定給の方が多いと思います。つまり月々のベースが決まっているという方です。このベースは何で決まっているかというと、「明日も同じように生きていくために必要なお金」を元に決まっています。

具体的にはどういうことか。

例えば僕らが生きていく上では、食事、住まい、娯楽、車、ゴルフ費用、etc...

色々なものが必要になります。また、既に結婚されている方であれば、ここに子供の養育費等が乗っかってくるわけです。

つまり、年齢を重ねれば重ねるほど守るべきものが増え、給料は増えていくというメカニズムになっています。

これらの費用を織り込んだ額が僕らの給料になるのだという考え方です。

年を重ねるごとに給料が増えていっても、それは会社に貢献したから。ということではなく、あくまでも明日も同じように生きていくために必要な支出が増えていくからだというようにマルクスは述べているわけです。

なぜなら会社にとって最善なのは、僕たちが明日も元気に出社してくれて、最安値で済ませることですよね。だからこそ現在のコロナでも給料が出る会社が多いわけです。完全に歩合ベースの会社であれば、現在給料を出す必要はありません。

つまり、僕たちのほとんどが「労働力の再生産コスト」に見合った給料をもらっているということになります。

これはいいことでしょうか?

安定を求める人にとってはいいことのように思えるかも知れません。

しかし、ここでもらえるのは明日を同じように生きるのに十分な額であって、それ以上の額ではありません。

だからこそ、何に使ったか覚えてないけど、月末にはなぜかお金がないというのは当たり前のことなのです。

平均的な必要経費を通常通り使っただけだからですから。

これが、僕たちの給料の決まり方です。

 

感想/見解

お金以外に得られるもの

労働力の再生産コスト」を踏まえると、僕らは僕らのコスト分だけお金をもらい、それを超えた分は、会社に対して利益を生むための時間になっていることに気づきます。

この法則に則れば、労働者は得をすることはほとんどありません。

自身が働いて稼いだ収益以上の額の給料を手にすることはないのですから。

しかし、会社で働き得ることができるのは他にもあります。

1専門的知識

2満足感

 

1専門的知識

私は現在銀行員として働いています。

業務の中では企業の見方、企業の資金調達の方法、不動産の評価方法、営業の仕方など業務の中で学べることは多岐に渡ります。

実際これらの知識は大学生の頃に習得することはできるのかも知れませんが、なかなか当事者意識を持って学習するということは少ないのではないかと思います。

特に、ただ学べばいいということではなく、常に利害関係者がいる中で実務を回していかなければならない体験は今までは経験したことはなく、給料以上のものを日々得ていると実感しています。

また、僕は簿記二級まで資格としてとりましたが、銀行員にならなければ財務系の資格はとってはいなかったと思います。実体験に基づいた知識の定着がモチベーションとなり、さらなる資格獲得に向き合えるのは会社員ならではのメリットだと言えます。

 

2満足感

業務を成し遂げたときの快感は何よりも感じています。

一つの案件を人を巻き込みながらクロージングまで完成させるという体験は、何よりも人生において糧になると思っています。

特に成功体験は自分への自信へと繋がります。失敗もしながらも小さな成功体験を積み重ねていく喜びは必ず必要だと思っています。

このように考えてみると、

以下のような式が導きだせるのではないでしょうか。

僕たちの純利益=専門知識/精神的達成感―精神/肉体的苦痛

給料とは切り離して、僕たちの純利益がプラスかマイナスかどうかを常に考えていく必要があると思うのです。

 

漠然と節約は成功しない

「労働力の生産性コスト」によって給料が決まっている限り、漠然と節約をしようと思っても成功はしないのは明確です。

そもそも貯金ができない時点で、あなたの費用は社会一般の人たちが回復に要する費用よりも大きなコストが知らないうちにかかっているというわけなのですから。

そのため、貯金ができない人は現状分析をする必要があるのです。

どのように実践できるか

 

スキル/資格を積み重ねる

「労働力の生産性コスト」に織り込まれているのは、生活費のみならず、僕たちが今まで取得してきたスキルや資格です。

そうであるならば、最も分かりやすく給料を上げる方法は、これらのベースを底上げすることです。

簡単に取れない資格に一所懸命に取り組み、人よりつけ抜けることで論理的には必ず給料のベースアップは図れます。

そしてこのベースアップは決して一時的なものではなく、これから先僕たちが生きていく上で永久にストックされるものです(資格の種類にもよりますが)。

 

僕たち個人の「労働力の再生産コスト」を知る

「労働力の再生産コスト」が、社会一般的な額で決まっているのに対し、自分がいつも貧乏だと感じるのであれば、人よりも何か大きな出費があるはずなのです。だからこそ現状分析が大切です。

現状分析するにあたって、僕はアプリを使い、自分が何に大きくお金を使ってしまっているのかを調べ上げました。その結果、「飲み会代」に大きくお金を使っていることがわかりました。

重要なのは、なんとなくわかることではなく、数字でわかることです。

なんとなくでは改善できませんので、必ず1ヶ月は続けてみてください。

すると、自分のお金を使いやすいタイミング等が数字をもってわかるようになります。こうすることで、初めてお金の使い方を考えるスタートラインに立てるのです。

 

まとめ

「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」は会社員の生き方の本質が書かれた本だと思います。今回僕が紹介したのは本の一部ですし、自分の意見が主なので、小暮さんの本とは解釈が異なる部分もあります。

必読の本だと思います。

【中古】僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? /星海社/木暮太一 (新書)

-トップダウン, ビジネス, マインド(生き方),

Copyright© はちの巣 , 2020 All Rights Reserved.